介護

訪問介護の回数が多いケアプランの届け出について

 平成30年10月より、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から、一定回数以上の生活援助中心型の訪問介護を居宅サービス計画に位置付けた場合には、保険者への届け出が必要となりました。
 久慈広域連合においては、以下の通知書のとおり取り扱うことといたしましたので、ご対応くださるようお願いいたします。

18/10/03


ページの先頭へジャンプ(アクセスキー:T)介護トップページへ戻る