介護

みんなの介護保険
介護サービスの費用

居宅サービス

訪問介護(ホームヘルプ)や通所介護(デイサービス)などの居宅サービスを利用した場合は、介護度区分ごとに定められた利用限度額以内であれば、サービス費用の1割または、2割が自己負担となります。
 利用限度額を超えてサービスを受けた場合は、超えた分の全額が自己負担となります。

介護度区分の利用限度額

区分 心身の状態(めやす) 利用限度額
(1か月あたり)
要支援1 日常生活をほぼ自分で行うことができるが、(1)日常生活動作に一部介助が必要 (2)要介護状態とならないよう、予防のために手段的生活動作(電話をかける、薬を服用するなど、ある目的のために行う動作)について支援を必要とする状態 5万30円
要支援2 要支援1の状態から、手段的生活動作を行う能力がわずかに低下し、何らかの支援が必要な状態 10万4,730円
要介護1 要支援の状態から手段的生活能力が低下し、部分的に介護が必要な状態 16万6,920円
要介護2 要介護1の状態に加え、日常生活動作にも部分的な介護が必要な状態 19万6,160円
要介護3 日常生活動作、手段的日常生活動作ともに要介護2の状態より低下し、生活全般に介護が必要な状態 26万9,310円
要介護4 動作能力が全般に低下し、介護なしで生活することが困難な状態 30万8,060円
要介護5 生活全般にわたる全面的介助が必要な状態 36万650円

 

施設サービス

介護保険施設に入所(入院)、ショートステイを利用した場合は、サービスの費用1割または、2割に加えて、食費の全額と居住費、日常生活費が利用者の自己負担となります。ただし、下記の利用者負担段階に該当する方は、久慈広域連合に申請して認められると、所得に応じた負担限度額までを自己負担とし、基準費用額との差額は介護保険から給付されます。

利用者負担段階

区分 対象要件
第1段階 老齢福祉年金受給者で、世帯全員が住民税非課税である方、又は生活保護受給者である方
第2段階

世帯全員が住民税非課税で、本人の合計所得金額と課税年金収入額と、非課税年金収入額の合計額が80万円以下である方

第3段階 世帯全員が住民税非課税で、上記第2段階に該当しない方

負担限度額(日額)

利用者負担段階 住居費用の負担限度額 食費の負担限度額
ユニット型個室 ユニット型準個室 従来型個室 多床室
第1段階 820円 490円 490円
(320円)
0円 300円
第2段階 820円 490円 490円
(420円)
370円 390円
第3段階 1,310円 1,310円 1,310円
(820円)
370円 650円

※介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の
従来型個室の負担限度額は、( )内の金額となります。


ページの先頭へジャンプ(アクセスキー:T)介護トップページへ戻る