介護

みんなの介護保険
介護サービスの利用方法

申請からサービス利用まで

介護サービスを利用するときは、広域連合から「介護が必要」と認定される必要があります。
認定の申請からサービス利用までの流れを見てみましょう。

(1)介護保険窓口に申請する

(1)イラスト市役所や町村役場の介護保険窓口や最寄りの居宅介護支援事業所へ「要介護認定」の申請をしましょう。


(2)認定調査

(2)イラスト認定調査員が申請者の自宅を訪問し、本人や家族から心身の状態などの聞き取り調査を行います。


(3)審査

(3)イラスト「コンピューターによる判定」や「主治医の意見書※」をもとに、保健、医療、福祉の専門家による介護認定審査会で介護の必要度合を審査します。

※主治医がいない方は、指定された医師の判断を受けます。


(4)認定結果の通知

(4)イラスト審査の結果については、原則として申請から30日以内に久慈広域連合から本人あてに通知されます。


(5)サービスを選ぶ

(5)イラスト「居宅サービス」か「施設サービス」を選びます。

  • 居宅サービス
    在宅での介護を中心としたサービス。
  • 施設サービス
    施設に入所するサービス。ただし、別途、施設に直接申し込みが必要です。

(6)ケアプラン(介護サービス計画・介護予防サービス計画)を立てる

(6)イラスト自分が希望するサービスを利用するために「ケアプラン(介護サービス計画・介護予防サービス計画)」を作ります。
作成は、ケアマネジャー(介護支援専門員)に依頼することができます。


(7)サービスを利用する

(7)イラストケアプランにもとづいてサービスを利用し、サービス費用の1割または、2割を支払います。


更新

更新イラスト引き続きサービスを利用する場合は、認定の有効期間(原則12か月)が過ぎる前に「更新」の手続きが必要になりますので、「更新申請」をしてください。


(手順 →(1)に戻る)

ページの先頭へジャンプ(アクセスキー:T)介護トップページへ戻る