清掃

ビンリサイクルの拡充について

 資源物となるビン類については、これまでは飲料用だけを資源物(ビン)として回収し、その他のビン類は燃えないごみで回収していましたが、ほぼ全てのビンはリサイクル可能なことから、2018年5月1日からは下記のとおり回収対象を変更します。

□資源物として回収するビン
 ○飲料用のビン ○食料保存のビン ○薬のビン
 ○化粧品のビン ○ジャム等調味料のビン  etc…

□燃えないごみとなるビン
 ×割れたビン
 ×劇薬等の危険な薬品が入っていたビン
 ×哺乳ビン等の耐熱ガラスビン
 ×陶器、ガラス細工、コップ

18/04/02


ページの先頭へジャンプ(アクセスキー:T)清掃トップページへ戻る