清掃

雑がみリサイクル

雑がみの分別回収・リサイクルを開始しました

 久慈広域連合及び構成市町村では、平成29年1月から【雑がみ】の分別回収・リサイクルを開始しました。
 【雑がみ】は、各市町村で決められた資源物の収集日に出してください。
 以下を参考に、家庭での分別に取り組みましょう。

雑がみの具体例
・紙袋・包装紙・メモ用紙・コピー用紙・封筒・はがき・紙の芯・台紙・画用紙・カレンダー・雑誌・チラシ・カタログ etc
詳細については、下記の チラシ及び紙類分別一覧表をご覧ください。(クリックすると表示されます)
雑がみリサイクルチラシ(PDF@)
紙類分別一覧表(PDFA)

×雑がみ以外の紙類(燃えるごみに出してください)
同じ紙でも、リサイクルできない紙製品もあります。例えば
・防水加工された紙 ・ビニールコーディングされた紙 ・写真・宅配伝票・アイロンプリント紙・点字紙...etc
リサイクルできない紙類(PDFB

☆雑がみの出し方
・ビニール・プラスチック・金具・クリップ・発砲スチロールなどはすべて取り除いてください。
・ホッチキスの針は無理に取らなくて大丈夫です。
・家庭にある使用済みの紙袋や封筒に雑がみだけをまとめて入れて、紙ひもで縛るか紙製のガムテープで閉じる 
・雑誌やカタログ、コピー用紙等の同じ大きさのものは、重ねて紙ひもで縛る。
※雨や雪の日は、上記ように束ねてから透明か半透明のビニール袋に入れて出しても構いません。
※段ボールにそのまま入れて出されていることがあります。段ボールは雑がみではありません。紙類は「紙パック、新聞紙、段ボール、雑がみ」とそれぞれ分別して排出してください。

ページの先頭へジャンプ(アクセスキー:T)清掃トップページへ戻る