消防

「第43回消防救助技術岩手県大会」に出場しました。

 令和元年7月3日、岩手県消防学校で「第43回消防救助技術岩手県大会」が開催され、久慈消防本部の隊員も参加しました。

 この消防救助技術大会は、住民の安全・安心を守る救助隊員が、救助技術の高度化に必要な基礎的要素を錬磨することを通じて、消防救助活動に不可欠な体力、精神力、技術力を養うことを目的として毎年開催されています。また、県内の隊員が一堂に会し、競い、学ぶことを通じて、他の模範となる隊員を育成し、消防に寄せる期待に力強く応えるための大会です。

 大会当日は、県内12消防本部の代表89チーム232名の隊員が、全7競技において日々の訓練で培った消防救助技術を競い合いました。

 当消防本部からは、6競技23名の隊員が出場し、多数上位入賞を果たしたほか、「ロープブリッジ渡過」の部において、野田分署所属の柾谷 祐希(まさや ゆうき)消防士長が見事第1位となり、8月25日(日)に岡山県岡山市消防教育訓練センターで開催される、「第48回全国消防救助技術大会」への出場権を獲得しました。

 消防救助技術大会については、下記関連ファイルをご覧ください。

19/07/18

[関連ファイル]

ページの先頭へジャンプ(アクセスキー:T)総務トップページへ戻る